一人暮らし向け冷蔵庫おすすめ3選

一人暮らし向けの冷蔵庫の場合、限られたスペースで設置される方が多いかと思います。

冷蔵・冷凍機能が使えることは当然、天板に電子レンジを置いたり作業スペースとしても使えることが重要です。

今回はそういった付加価値の有無をポイントとして、オススメできる冷蔵庫を選びました。

「これからの新生活で一人暮らしするよ」といった方にも、自信を持ってご紹介します。

スポンサーリンク
目次

冷蔵庫を選ぶうえでの重要なポイント

一人暮らし向け冷蔵庫ですと、100L台、冷蔵・冷凍の2ドアが一般的です。

その場合、基本的に自動製氷等の便利機能はありません。

ゲラルト

スペースや容量が限られている分、冷やす・凍らすという冷蔵庫本来の機能に特化しています。

二人暮らし向け冷蔵庫でご紹介したポイントと違う面での重要ポイントがあります。

(参考:二人暮らし向け冷蔵庫おすすめ3選

  • 扉の開く向きは右か左か?(一部モデルを除き、左右どちらかを選ぶ必要があります)
  • 天板は電子レンジを置くか、それとも作業スペースとして使うか?(冷蔵庫の高さ)

天板について

天板については、電子レンジなどの使用を想定し通常、耐熱トップテーブルが採用されています。

耐熱トップテーブルとは、電子レンジなどの使用も問題ない天板のことをいいます。

ゲラルト

私も一人暮らしをしていたときは、電子レンジとオーブントースターの2台置いていました。
冷蔵庫の上にレンジを置いて、さらにその上にトースターを置くというカオスな状態でした。笑

高さについて

高さ、つまり容量についてですが、気を付けるポイントがあります。

「なるべく容量が大きい方がよいよね」という視点で選ぶと、当たり前ですが冷蔵庫の高さが高くなります。

その場合、「作業スペースとして使おうと思ってたのに高すぎる」ということにならないか要注意です。

ゲラルト

実物を見て、検証してみるべし

一人暮らし向け冷蔵庫おすすめランキング

以上のようなポイントから、私なりにおすすめ冷蔵庫をランキングしてみました。

1位 三菱電機 MR-P17F

天板がフルフラットなことで、作業スペースとしても使いやすい製品です。

出典:https://www.mitsubishielectric.co.jp/home/reizouko/product/mr-p17f/index.html#tab_anchor

他、一人暮らしに最適な大容量ポケットが完備されており、大小さまざまな飲み物が収納できます。

出典:https://www.mitsubishielectric.co.jp/home/reizouko/product/mr-p17f/index.html#tab_anchor
ゲラルト

個人的には、この製品一択ですね。
容量たっぷりで、作業台としてもGOOD!

2位 シャープ SJ-D18G

シャープといえば、扉の両開き

まさかの2ドアでも変則的ですが、採用されています。

つけかえどっちもドア」といい、付け替えが必要ですが便利な機能です。

つけかえ

出典:https://jp.sharp/reizo/products/sjd18g/

当然ですが、天板は耐熱トップテーブルが採用されています。

ゲラルト

シャープの冷蔵庫はこれでもかってくらい、扉にこだわっています。
付け替えのため、少し手間がかかりますが引っ越しが多い方にはおすすめです。

3位 シャープ SJ-GD14F

こちらは、2位の「SJ-D18G」とくらべ容量は42L分少ないですが以下の理由によりおすすめです。

  • プラズマクラスター付き
  • 扉全面がガラス製で、とってもオシャレ
  • つけかえどっちもドア採用

下の画像からも分かるかと思いますが、質感がすごい高いです。

ガラスドア

出典:https://jp.sharp/reizo/products/sjgd14f/
ゲラルト

ガラスドアが採用されていることで、質感高く、インテリアとしてもお部屋に映えると思います。

まとめ

機能のみでいえば、三菱MR-P17Fが断トツにおすすめです。

容量が多い・作業スペースとしても使える、で言うことなしです。

容量は少し減りますが、インテリア映えするシャープのSJ-GD14Fもおすすめです。

ゲラルト

いや~、私が昔使用していた頃とくらべ進化していますね~。
どれを選んでも間違いはないですね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

世の中には便利で素敵な家電が埋もれています。
便利で素敵な家電を身近におく・利用することで人生が豊かになると考えています。

このブログを通じ、素敵な家電と出会うことであなたの人生がより豊かになるようお手伝いしたいと思っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる