【最強】空気清浄機モレキュルのススメ

黄砂やPM2.5、花粉などあらゆるものが飛び交い、アレルギー症状の原因となりますが対策はしていますか?

一般的な対策として有効な方法は空気清浄機を設置することです。

空気清浄機とはウィルス・細菌・ハウスダスト・花粉など空気をフィルターに通すことで汚れを落としキレイにします。

そんな空気清浄機で、「モレキュル」という製品はご存じですか?

発売が2020年9月と日が浅いため、知らない方も多いのではと思います。

空気清浄機はフィルターを通すことで空気をきれいにするという製品の性質上、フィルターの性能が1番重要です。

従来の空気清浄機はHEPAフィルター(ダイキン製空気清浄機の場合はTAFUフィルター)を使っていますが、物質を99.97%除去します。

ただし、0.3㎛(マイクロメータ)より大きな物質に対してのみです。

つまり、0.3㎛よりも小さい物質(ウイルスやVOCと呼ばれる揮発性有機化合物)は、フィルターを通ります

対してモレキュルが採用しているPECOフィルターはHEPAフィルター基準の1/1000の小さい物質も除去します。

HEPAフィルターでは除去できなかった、0.0002μm~0.002μmのVOCの分子まで除去が可能です。

空気清浄機の購入を検討している場合、「モレキュル」をその選択肢の1つに入れることをおすすめします。

公式オンラインストアでは購入価格10%のポイントが付きます。

付与されたポイント分で交換用フィルターを購入できるので、実質フィルター1個分お得に購入ができます。

公式オンラインストアはこちら
スポンサーリンク
目次

空気清浄機の特徴

まずは空気清浄機の特徴について説明します。

従来の空気清浄機の特徴を踏まえたうえで、モレキュルをくらべます。

従来の空気清浄機の特徴

従来の空気清浄機の特徴は、フィルター通過による空気清浄とイオン放出による菌・ウイルス抑制の2種類があります。

空気を取り入れてフィルターを通過させることで、空気をきれいにする

フィルターが複数あり、空気の流れる順にフィルターの目が細かくなっていくのが一般的なフィルター構造です。(下図はシャープ製空気清浄機のフィルター構造)

シャープのフィルター

出典:https://jp.sharp/kuusei/products/kinp100/feature/air/

このように、最終的にはHEPAフィルターにて0.3㎛までの花粉・カビ・バクテリアを除去します。

イオン放出により菌・ウイルスなどを抑制する

イオン放出による菌やウイルスの抑制機能については、ダイキンなら「アクティブプラズマイオン」、シャープなら「プラズマクラスター」、パナソニックなら「ナノイー」という技術が該当します。(下図はシャープのプラズマクラスター)

プラズマクラスター

出典:https://jp.sharp/kuusei/plasmacluster/

名称は違いますが、どのメーカーにも共通して言えるのがイオン放出による菌・ウイルスなどの抑制です。

モレキュルの特徴

モレキュルの特徴は、従来のHEPAフィルターよりも目の細かいフィルターで菌・ウイルスを除去し、光の力で分子分解するという仕組みです。

フィルター通過イメージ

これは、HEPAフィルターでは除去できない菌やウイルスをPECOフィルターなら除去できるモレキュルならではの最大の特徴です。

光触媒による分子分解

ほかの空気清浄機との比較(優秀なところ)

モレキュルは、ほかの空気清浄機とくらべて優秀なところが多いので、詳しくみていきましょう。

強力なフィルター

なんといってもモレキュルに採用されているPECOフィルターが優秀です。

フィルターについて

従来の空気清浄機に採用されているHEPAフィルターとは、0.3㎛までの物質に対し99.97%除去をしますが、モレキュルのPECOフィルターはその1/1000である0.0002μm~0.002μmのVOCの物質を除去できます。

0.3㎛よりも小さいウイルスやVOCは、従来の空気清浄機に採用されているHEPAフィルターでは除去できません。

掃除や洗浄不要で分解力低下なし

フィルターを定期的に交換するだけですので、面倒な日々の掃除・洗浄などメンテナンスは一切不要です。

フィルター交換について

従来の空気清浄機ではフィルターを定期的に掃除・洗浄をしなければなりませんが、モレキュルならばそういった手間は一切不要です。

持ち運び自由

本体重量もAir Mini+なら、3.3kgと軽く取っ手が付いているため持ち運び自在です。

持ち運びしやすい形状および重量

昼間はリビング、夜は寝室と必要な部屋に持ち運んで使用することができます。

部屋へ備え付けではなく、人とともに一緒に移動することで、ほかの部屋用の空気清浄機を購入する必要がなく経済的です。

設置場所を選ばない

Air Mini+なら重量も3.3kgと軽量であるうえ、サイズが幅20.98cm×高さ30.48cmと非常にコンパクトです。

コンパクトな形状

デザインもスタイリッシュなため、設置場所を選ばず使用できるでしょう。

ほかの空気清浄機との比較(優秀ではないところ)

優れたところが多いモレキュルですが、そうではないと思われるところも詳しくみていきましょう。

本体価格が高め

モレキュルは10畳モデルのAir Mini+と、33畳モデルのAir Proとありますが、販売価格はおよそ8万円弱~となっておりお求めやすい価格であるとはいえません。

フィルター交換サイクルが短い

フィルターを定期的に交換する仕様により、掃除・洗浄不要という大きなメリットはありますが使用頻度により半年~1年ごとにフィルターを交換する必要があります。

つまり交換のたびにフィルターを購入する必要がありますが、販売価格は8,000円強とこちらもお求めやすい価格であるとはいえません。

非常に優秀なフィルターであること、日々のメンテナンスが不要であることのトレードオフとなっています。

口コミ・評判

発売からまだ日が浅いモレキュルだけに、実際の購入者・使用者の口コミや評判は気になるところかと思います。

Twitter上での口コミやAmazonの評判を調べてみました。

口コミ

作動音も静かとのことで、寝室でも使いやすそうです。

花粉症の症状も楽になったそうで、空気清浄機としての機能もよさそうです。

メンテナンスが簡単なのはやはりいいですね。

評判

Amazonの評価では、2021年4月16日現在で以下の通りで非常に高い評判で、安心してお買い求めいただけるでしょう。

製品名評価総数平均点
Air Mini+58件4.6点
Air Pro63件4.6点
Amazon評判

まとめ

ここまでモレキュルについてご紹介をしましたが、製品の特長がご理解できたでしょうか?

空気清浄機はフィルターの性能が最重要です。

従来の空気清浄機はHEPAフィルターといい、0.3㎛までの物質なら99.97%除去してくれますが0.3㎛よりも小さな菌・ウイルスに対しては効果がありません。

あくまでイオン放出による菌・ウィルスの抑制にとどまります。

菌やウイルスを除去し、分子分解をさせ空気をきれいにしたいのならばモレキュルのPECOフィルターが有効です。

日々のメンテナンスも不要で、手間いらずのモレキュルぜひ検討してみてください。

公式オンラインストアでは購入価格10%のポイントが付きます。

付与されたポイント分で交換用フィルターを購入できるので、実質フィルター1個分お得に購入ができます。

公式オンラインストアはこちら
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

世の中には便利で素敵な家電が埋もれています。
便利で素敵な家電を身近におく・利用することで人生が豊かになると考えています。

このブログを通じ、素敵な家電と出会うことであなたの人生がより豊かになるようお手伝いしたいと思っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる