コーヒー用電気ケトルおすすめ5選

在宅ワークが一般的になり、自宅でコーヒーを飲むことが多くなったと思います。

コーヒーを淹れても、「なんだか薄い」とか「お店で飲むより美味しくないなぁ」と思ったことはありませんか?

実はお湯の入れ方が美味しさに直結しています。

普段使い用での電気ケトルでは、湯量が調整できないため上手に蒸らすことが難しいのです。

そこで、ドリップに適した電気ケトルをご紹介します。

ゲラルト

美味しくコーヒーを淹れることができれば、作業もはかどること間違いなし!

スポンサーリンク
目次

求められるポイント

では、ドリップに適した電気ケトルとはどういったものなのでしょうか?

いくつかポイントを挙げていきます。

湯量を調整しやすい

コーヒーを美味しく淹れるためには、まずお湯を少し注ぎ粉全体にお湯を含ませ20秒ほど蒸らすことが重要です。

しっかり蒸らすことでコーヒーの味を濃くすることができます。

一般的な電気ケトルでは、湯量の調整が難しく、ノズルが細いものが適しています

ゲラルト

普通の電気ケトルで淹れると、お湯で溢れかえってしまいます。

保温が可能である

ドリップは何度もお湯を注ぐ工程があるため、多少時間がかかります。

すぐにお湯が冷めてしまっては、せっかく上手にドリップできても冷めたコーヒーになってしまい美味しくありません。

保温機能が付いているものが適しているといえます。

持ちやすい

湯量を調整しながら淹れるので、持ちやすさ(重さ含む)が重要です。

0.7L~1.0Lくらいの容量がよいでしょう。

ゲラルト

大きすぎるものを選ぶと、その分重くなって扱いづらいよ。

おすすめ電気ケトル

以上のポイントをクリアしている、ドリップに適した電気ケトルを5つご紹介します。

バルミューダ BALMUDA The Pot K02A-BK

容量は0.6L、重さ0.9kgです。

ちょうどよい容量、重さ、そして湯量の調整が容易と三拍子そろっています。

湯量の調整が容易にできるのはよいですね。

バルミューダ

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B01M1HTWGZ?tag=s02a3-22
ゲラルト

デザインもよいですし、インテリアとも調和しそうですね。

デロンギ KBOE1230J

容量1.0L、重さ1.4kgです。

一言でいうと、容量が大きいので複数人分ドリップするのに適したタイプです。

また、保温機能や本体の側面から残りの湯量が見える設計となっているのがよいですね。

デロンギ

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B07NBWG6N6?tag=s02a3-22&th=1

山善 EGL-C1280

容量0.8L、重さ0.9kgです。

少しだけ容量の大きいタイプです。

保温機能や、注ぎやすいノズルと必要な機能は兼ね備えておりコスパは非常に高いと思います。

また、微妙な温度調整ができるようになっており、紅茶なら100度、コーヒーなら95度でといった使い方が可能です。

山善

出典:https://www.amazon.co.jp/E5-B1-B1-E5-96-84-E3-83-96-E3-83-A9-E3-83-83-E3-82-AF-E3-83-96-E3-83-AD-E3-83-B3-E3-82-BA-EGL-C12/dp/B086QVMV6M/ref=dp_ob_title_kitchen
ゲラルト

低価格でこんなに機能満載はすごい。
コスパ最強ですね。。

アイリスオーヤマ IKE-C600T

容量0.6L、重さ0.7kgです。

こちらはバルミューダと同じ容量ですね。

保温も当然可能ですし、温度調整も3パターンで沸かすことができます。

アイリス

出典:https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%A4%E3%83%9E-IRIS-OHYAMA-%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B1%E3%83%88%E3%83%AB-IKE-C600T-B/dp/B08151C6SB?ref_=Oct_s9_apbd_simh_hd_bw_b16A5R&pf_rd_r=Z11S2DD5F3JZTH82G9SG&pf_rd_p=01b502c1-976c-5bad-b577-acc703a950b5&pf_rd_s=merchandised-search-10&pf_rd_t=BROWSE&pf_rd_i=16245081
ゲラルト

価格を抑えたい場合、このアイテムがおすすめですね。

タイガー PCK-A080

容量0.8L、重さ0.85kgです。

こちらは普段使いも出来るタイプです。

内部はステンレス製により保温できるものとなっており、また重さが軽いため扱いやすいです。

ゲラルト

専用のものと比べると湯量の調整が難しいですが、
電気ケトルを2台購入するのが嫌だという方におすすめです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ドリップ専用の電気ケトルとしては、値段も含めて「山善のEGL-C1280」が頭一つ抜けていると感じました。

電気ケトルの2台使いが嫌だという方には、「タイガーのPCK-A080」もおすすめです。

ぜひ参考にしてくださいね。

ゲラルト

美味しくコーヒーが飲めると、作業もはかどりますよね~!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

世の中には便利で素敵な家電が埋もれています。
便利で素敵な家電を身近におく・利用することで人生が豊かになると考えています。

このブログを通じ、素敵な家電と出会うことであなたの人生がより豊かになるようお手伝いしたいと思っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる