【2021年度版】シャープ製加湿器

乾燥している時期に欠かせないのが、加湿器です。

寝て、朝起きたら「喉が痛い!」という経験はないですか?

風邪予防のためにも、適切な湿度は重要です。

その中で、シャープのハイブリッド式加湿器についてご紹介させていただきます。

スポンサーリンク
目次

加湿器の種類

加湿器には4種類の加湿方法があります。

まずは簡単にその4種類について説明します。

気化式

フィルターなどの加湿材に水分を含ませ、そこに空気を当てて蒸発させる方式です。

主なメリット、デメリットは以下の通りです。

電気代が安い。熱くないので安心。

加湿に時間がかかる。熱を使わないため、カビや雑菌が繁殖しやすい。

超音波式

水を超音波で振動させ、霧状に放出させる方式です。

主なメリット、デメリットは以下の通りです。

電気代が安い。静か。

結露になりやすい。熱を使わないため、カビや雑菌が繁殖しやすい。

スチーム式

水を熱して気化させた蒸気を風で送り出す方式です。

主なメリット、デメリットは以下の通りです。

加湿能力が高い。水が煮沸されるため、衛生的である。

電気代が高い。熱を使うため水蒸気が熱く、触ると危険。

ハイブリッド式

上記3つの方式の良いとこどりと思っていただいてOKです。

主なメリット、デメリットは以下の通りです。

安全かつ加湿能力が高い。

値段が高い。電気代が少し高め。

シャープ製ハイブリッド式加湿器について

シャープ製のハイブリッド式加湿器は現行モデルで2種類発売されています。

HV-L75とHV-L55ですが、違いは加湿効果のある面積が大きいか小さいかです。

HV-L75(木造12.5畳、プレハブ21畳)の方が適用畳数が広く、HV-L55(木造9畳、プレハブ15畳)の方が狭いです。

ゲラルト

家電は基本的に数字が大きいものが適用畳数が広くて、数字の小さいものが狭いと思ってもらったらOKです。

給水方法が2種類

シャープ製品はとてもユーザービリティに優れています

冷蔵庫では「どっちもドア」と、左右どちらからも扉を開くことができました。

【関連記事】【300L台】自動製氷機能つき冷蔵庫おすすめ3選一人暮らし向け冷蔵庫おすすめ3選

加湿器では、給水方法が2種類あり「どっちも給水」と言います。

下図のように、上から注ぐもよし、タンクに直接給水もよしとなっています。

どっちも給水

出典:https://jp.sharp/kashitsu/products/hvl75/both/
ゲラルト

設置場所によって使い分けができますね!

給水しやすいタンク

タンクに直接給水する場合も、取っ手があることでとても給水しやすいです。

参考までに運ぶ様子を撮影してみました。

こんな感じで運べます
ゲラルト

私が給水タンクを運ぶだけの動画です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

加湿能力に優れ、安全に使用できます。

また、とてもユーザービリティに優れ面倒な給水もラクにこなせます。

ぜひご検討してみてくださいね!

ゲラルト

衛生面安全面からも、小さな子供がいるご家庭には最適です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

世の中には便利で素敵な家電が埋もれています。
便利で素敵な家電を身近におく・利用することで人生が豊かになると考えています。

このブログを通じ、素敵な家電と出会うことであなたの人生がより豊かになるようお手伝いしたいと思っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる